企業に注目されています|いざというときに活躍!AEDの設置で命を守ろう

いざというときに活躍!AEDの設置で命を守ろう

作業員

企業に注目されています

工場

一歩進んだ技術です

ファイバーレーザーを使用する機械は多数存在し、主なものとしてファイバーレーザー加工機やファイバーレーザー溶接機やファイバーレーザー彫刻機などが挙げられます。これらのファイバーレーザー関連機械を使用する事で金属の加工や溶接が容易にできてしまう事が魅力です。その中でもファイバーレーザー溶接機では熱量やレーザー径や焦点の当て方等、溶接品質を保つ上で要素が多い為、設定などの調整が難しいです。そして、金属と金属をくっつける技術であるレーザー溶接を行う上で気を付けるポイントは、材料と材料の間に隙間を作らない事です。それは隙間があると溶接強度が極端に落ちてしまうばかりでなく、場合によっては材料だけを溶かしてしまう事に繋がるからです。ですから、レーザー溶接の特長である溶接スピードの速さを生かすためにも、隙間を作らないで密着させて行う事が重要です。

アピールするきっかけになる

ファイバーレーザーの技術はグッズ作りやハンコ彫刻など様々な用途で活躍する点が注目を集めている理由と言えます。特にハンコ彫刻においては、チタン製の印章彫刻が可能なため、客単価を引き上げる特性から重宝されています。そんなファイバーレーザーの実力を多くのバイヤーなどにお披露目したきっかけともなったのが東京の池袋などで開催された日本最大のスタンプ、ウェアプリント、オリジナルグッズに特化した展示会です。この展示会では実に90社もの出店があり、一般の来場者にレーザー加工のすごさを商品を通じて感じ取ってもらう機会となっています。と同時に、ファイバーレーザー加工機などの出品も行われており、機材を企業が導入するための判断材料にもなっており、ファイバーレーザー加工機などを製造するメーカーにとっては大きな収穫日のひとつと言えます。